FPの視点で不動産・相続の問題をサポートします!

ご相談は子たらまでお気軽にどうぞ

相談事例

こんな時は、ご相談ください。

不動産・相続に関するお悩みは、個々にその事情や内容が大きく異なるため、 「こういう時はこうしましょう」という模範解答がありません。

専門的な知識があり、数々の事例を知る不動産・相続FPと共に、 解決の糸口を見出していきましょう。

下記の相談事例はほんの一例です。不動産・相続に関することお悩み、 どんなことでもまずオフィス・コタご相談ください。

すでに相続を終えた方

相続税を払い過ぎていませんか?

相続税を払い過ぎていませんか? 相続された不動産を有効に活用できていますか?

今まさに相続の問題を抱えている方

遺産をめぐる争いごとでお困りではありませんか?

面倒で複雑な相続の手続きにお困りではありませんか?

これから相続をむかえる方

残される家族のために節税対策をしておきませんか?

ご自分の意思を遺言として残しませんか?

1.農地や遊休不動産を多く抱えており、どう有効活用して良いか分からない。

農業後継者難により耕作放棄地が増加しており、今日の資産デフレ下では、アパート建築等の有効活用策もリスクが大きいと言えます。不動産をいかにして「優良資産」つまり「稼げる資産」に変えていくか、戦略的不動産経営が求められています。

2.相続財産のほとんどが不動産で、どう分けて良いか分からない。納税のための資金も
  なく心配だ。

日本人の財産の8割は不動産であると言われております。相続が発生した際、どのように分割するか、あるいは売却しやすい状況にしておき、現金で分けることも相続対策の一つの方法と言えます。

3.アパートを所有しているが、古くなり空室も増え稼動率が低下している。

少子化、人口減少時代に突入し、今後ますますアパートの供給過剰が進行し、空室率は増加していくと思われます。入居者の選別眼はますます厳しくなり、オーナーは差別化戦略による競争力確保が必要となってきます。

4.勤務先の業務不振からリストラに遭い、住宅ローンの返済が困難になった。   
  多額のローン残高をかかえており、売却できるかどうか分からない。

大幅な収入の減少と多額のローン債務が重しとなり、これからの生活設計が立ち行かなくなるケースが増加しています。任意売却に向けての生活設計の立て直しが必要です。

5.自分の死後、子どもたちがもめるのは嫌だ。何か生前に対策をしておきたいのだが。

戦後の完全平等教育を受けた世代は、何もしないでいると「争族」は避けて通れません。相続分割対策は、親の意思を最優先し、筋の通った分割計画を立案し、実行することが大切です。

料金

お客さまのご相談内容により事前にお見積りをさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

不動産・相続に関するご相談は、お客さま個々にその事情
や内容が大きく異なり、お客さまのお悩みに対応する
不動産・相続FPの業務内容も、複雑かつ多岐にわたります。

そのため「こういう時はいくら」という料金表をご提示す
ることが難しい業種でもあります。

オフィス・コタでは、よくあるご依頼内容に合わせ、いくつかの料金プランをご用意いたしました。

この他のご相談に関しては、お客さまのお悩みの状況をうかがい、事前のお見積りをさせていただきますので、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。

メニュープランの料金

電話、メールでのお問い合わせ 無料

初回面談 無料

(ご気軽にご相談ください。)

具体的に業務が発生する見込みの方には、お見積書を提出いたします。

その後、業務委託契約を締結させていただきます。

  • 1. 相続対策プランの作成 31,500円~
  • 2. 相続手続き、資産整理の実行支援 52,500円~
  • 3. 不動産の権利調整、組換えの実行支援 31,500円~
  • 4.顧問契約コンサルティングサービス 月額21,000円~
           顧問契約の内容
             ・毎月定期面談にてアドバイスいたします。(随時)
             ・相談・企画提案・調整・実行支援にて最後までサポートいたします。
             ・その他資産運用・財産管理に関するご相談

  • (お客様の資産内容、資産総額により事前にお見積もりさせていただきます。)
  • 注:ご相談内容により別途、弁護士・税理士等の費用がかかる場合がございます。